大分県。表現の極みLIVE。

20121105-203047.jpg

ブラジルに帰るダニーロ・ツヨシのラストLIVEに参加する為に、3日からの大分県、

とてもズシッと、スーッとした時間でした。

沢山の、普段やってることじゃ逢えない人達に会えて、何か出来て…最初正直困惑もあって。でも大好きになる予感が凄いありすぎて…一日、二日くらいやのに、お世話になった人達が家族みたいで。

ステージは、ワタシがやりたい表現が、ちゃんと底にある、持ってるやん自分。みたいなのを、確認できて、引き出してもらった気がする。まさにミュージカルのようなステージやった。中々出来ないと思う。

ジャンベ、ウドゥー、ハピドーム…沢山のリズムと音色があり、朗読の、言葉の力もあり。

あんなに感極まるLIVEは、初めてしたかもしれない。

アンコールでは会場みんなで熱狂ダンス(笑)ワタシは足裏にトゲが刺さったんも気づかないくらい。

沢山見てくれた方がおったけど、みんなはどう感じたのか。嬉しい言葉をいくつかいただいたから、、、もう、なんでもいい。(笑)やれるだけ出したって胸張って言えるLIVEやった。

泊めてくださった やえさん、にいにい、なおさん。

メイクでワタシを女神に変身させたともちゃん、それを写真に収めてくれたおーも兄ちゃん。

会場のスタッフさん、観客全ての皆さま。そして世界の弦本先生(笑)

んで、これも。
大分県の全ての食べ物が、最高でした!!!!こんなに美味しいもんばっかりの県知らん。最高。

本当に、本当にありがとう。

人間としての楽しい生き方とか優しさとか、存分に知ってる方ばかりでした。小ささ痛感。

あんなに沢山の人とハグをしたのは、これもまた初めてです(笑)

ハグって、相手の気持ちが直ぐに来るから、凄いね。

とりあえず、これで一回〆る。

ありがとう、ダニーロ・ツヨシ。

ワタシやれそうや。

20121105-203241.jpg

Get Adobe Flash player