弾き語りLIVEとラジオと病院

20131209-022958.jpg

今日は、谷町カルチュラルストリート
とゆう、サーキット形式音楽イベントの、アフターイベントでした!

ワタシは、MONPICAとゆうアートギャラリーで歌わせていただいて。

去年かな?も、一回出させていただいたんですが、凄い歌いやすいんよね。

綺麗な作品に囲まれて、店主の方も良い方で。

久しぶりに椅子に座って、ゆっくり歌わせていただきました◎楽しかったな。

その後に!19時から、みんな聞いてくれたかな??
ラジオNIKKEI、関西たこ焼きラジオの、二週目の放送が今日でした!多分、これからの抱負や、弾き語りを最後にしてたハズ。

誰か、新しい人に知ってもらえるきっかけになってればいいな。

ワタシは、LIVEを終えてすぐ、おばあちゃんの病院に走りまして。

最近、全然よくない。

入院してからどんどん悪くなる。

こないだの意識無くしてた時から、ストレスもあるのか、癌の痛みが凄いみたい。

麻薬で鎮痛させるしかないとこまで来ました。

痛いって叫ぶか、眠るか、ぼーっとしてる。

辛い。本人も、家族も。
あまりに状態が悪いので、最近は母も付きっきり。ワタシも出来るだけ毎日。

こんな風に急激に悪くなるなんて思っていなかった。でも、こうゆうものなんかな?

いや、なんか、まだ出来たかもしれない。

今回、ずっと見ていて思った。

病院の看護体制。

普通のバイトでもあるけど、連携のレベルが…低い。

命、かかってるんですよ?

分かってます。よね?

みんな人間なのは分かる。疲れるのも分かるし、連携を取ることがいかに難しいかも分かる。

でも、バイトじゃないし、ましてや

ほんと、命、かかってるんです。

今日はもう我慢出来なくて、看護師さんに怒りをぶつけました。

胃の検体紛失から、低血糖での昏睡状態、それから点滴漏れ、食事の管理不行き届き。。。

どう信用しろってゆーんですか?

ってくらいに積み重なって、限界やった。

大きな病院ですよ。大きな病院やからこそのことなんでしょうか?

いや、だからってほっておけないし、許せない

ワタシは、ただ家族を大事に、楽にさせてあげてたいだけ。

多分どの患者さんの家族も、そう思うとおもう。

お願いです看護師さん。

精神的に辛いかもしれない仕事でしょうが、もう、こうなったら機械的でもいいんで。

丁寧な仕事を、お願いします。

もう、あー、わからん。

なんなんだ、これは。

せめて、ちゃんと治療方針や、今後どうすればいいかの最善の方法、どんなやり方が他にあるのかを、説明してほしい。

こちらが調べるにも限界がある。

その道のプロにしかわからないんやから…。

みんな、いつか経験するであろう、家族の最期

出来るだけ、苦しまずにいてほしいでしょ?

Get Adobe Flash player