ストリートライブ

20130214-033350.jpg

ストリートを、2月とゆう寒い時期に再開しました。 ずっと、喉を壊してから怖かったからできなくて。。やっと、出れるまでになってきた。

どうしても聴いてもらいたくなった。 新しく自分の曲、存在を知ってもらいたくなった。

ストリートは、ほんと

興味がないと立ち止まってくれないし、場所取り争奪戦に負けてしまうとそれだけでも結構差があったり。

とにかくアーティストさんが最近は沢山いるから、みんな大変。

お客さんも、このくそ寒い中、最初から最後まで聴いてくれたり、カイロくれたり温かい飲みものをくれたり…

優しい。ほんとに、凄く。

ストリートライブをすると、色々思う。

あぁ、ワタシの声、歌は伝わらない。必要のないものなんやって、思ったり、

逆に凄く癒されたとか、笑顔くれたりとか、やってて良かったって思うこともある。

声を発した瞬間に去る方も居るし、絡まれて野次飛ばされたり。

泣きそうな時もある。けど、これが自分のやろうとしてる道で、覚悟はまぁ、出来ている。

でも、正直言えば、善も悪も、全てがわかりやすい世の中、ワタシは、怖い。

なんで歌うことを選んだだけで、表舞台に立つってだけで、そんな誹謗中傷にも耐えれる覚悟をしないといけないのか?って、いつも疑問感じる。

芸能人なんやから仕方ないとか、なんでなん?

みんな、同じ人間なのに。当たり前に傷付くのに。

わからない。

これでも昔よりは強くなれて来たと思う。だから、もっと強くなれるとも、思う。

自信を持ちたい。

自信さえあれば、きっと無敵。

だから、それには日々の積み重ねしかない。ない。

結局、がんばる

って、こと。

ありがとう◎

Get Adobe Flash player