あのひのひ

去年の九月に発表した、ワタシの切り絵の物語。

「あのひのひ」

大きな山火事を起こし、人も動物も焼いてしまった炎の残り火、ホムラが、魔女に閉じ込められ、そして何年か経ち、ひとりの少女と動物達に出会って行くお話。

この物語は、今の世の中での問題についても考えて作った。日中韓。

大きな戦争が起きたこと、それを語り継ぐ人。でもその語り継ぐ間の伝言ゲームを正しくしないと、えらいことになる。

実際に私達は知らない時代に居る。見てない。調べて、今ある情報を信じるしかない。まだ、情報は沢山ある時代だと思うけど、それを偽装することも簡単な時代だ。

途中、ねじ曲がってしまってたなら、わからなくなる。

小さい頃からそれを刷り込まれていたなら、なおさらもう駄目。そう思って育ってしまう。

確かなことはワタシも今の情報じゃ分からない。

でもさ、いつまでもいつまでも、過去のこと引っ張り出してなんになるのか。
日本人は日本人よ、いつまでも。でも、その時代の日本人が居るわけじゃないわけ。当たり前にね。

たった何年かで、同じ人でも成長はする。しない人もいるけどさ。

とりあえず…怖い。鳥殺す意味も、旗燃やす意味も車破壊も店襲撃も

意味わからん。

何が生まれる?

とりあえず、地球自体も生命がギリギリなイマです。

何か少しでも良くなるように、したいね。自分でちゃんと見て、確認してから。

…こんな奴がなんやかんや、
失礼しました。!

ちなみに、あのひのひ のテーマソングに作った「あの灯」

この歌詞ももちろんリンクしてます。

僕らの居るこの時代も
未来の誰かに繋がるカケラ

せっかくみんなが関わってくれた作品。

いつかちゃんとDVDとかにしなきゃな!

Get Adobe Flash player